手法:ポジショニング分析KeyGraph

課題内容

自社商品(ブランド)と競合との関係性から差別化を図り、ブランド価値を高めたい。

支援・提供ソリューションの内容、支援ポイント

ユーザ調査によって自社商品(ブランド)と競合の商品・ブランドイメージを抽出します。

Point:
自社および他社のブランドイメージやその関係性を定量的な調査によって可視化することで、差別化のための打ち手を抽出します。

アウトプット・効果

親しみやすいというイメージは競合他社と重複しているので、さらにフレッシュさなどをイメージ戦略に取り込み、シェアの拡大を狙う。

↓↓厳選した事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします↓↓