プロモーションや商品開発を行うためには、消費者がその商品の特徴をどのように知覚しているのかを知る必要があります。

ポジショニング分析は、商品特性や消費者の知覚について競合商品と比較・分析することで、市場内における競合商品と自社商品の相対的な位置や商品の強み・弱みを把握することができます。


< アウトプット例 >
食品と食シーンとの対応関係を視覚化

ポジショニングマップから以下のことが検討できます。
競合商品のない領域を見つけ出し、その領域に対する既存商品の改良や
新商品の開発マップを定期的に更新し、実践した戦略の効果確認。

適用できる分野、問題状況

ブランド評価:
自社の商品は競合商品との関係性の中でどのようなイメージを持たれているのか。

プロモーション効果検証:
実施した施策が商品イメージにどのように影響を及ぼしたのか。

市場分析:
新商品の登場により、製品市場がどのように変化したのか。

適用フローの一例

アンケート調査によるブランド評価

① データ収集:
アンケート調査により、消費者の選好構造を推定するためのデータを収集します。あわせて、消費者のプロフィールや製品に関する認知・意向などの周辺情報を収集します。

② 重要度と効用値の分析:
どのような機能が重視されるか、また機能のレベルによってどのように評価が変わるのかをユーザ層ごとに分析し、より受け入れられる製品設計を検討します。

③ 機能価格価値の評価:
各機能について、機能のレベルによってどれだけの相当価格となるかを算出します。機能に対する選好と対比しつつ、製品にふさわしい価格について検討します。

④ シェアシミュレーション:
自社・他社が種々のパターンでの機種ラインナップを投入する可能性についてシナリオを検討し、各シナリオについて市場シェアの予測を行います。

以上をもとに、自社ユーザの確保や他社ユーザの取り込みなど、目的に応じた機種設計の検討を行います。

↓↓厳選した事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします↓↓