手法:コンジョイント分析

課題内容

シェアの拡大を狙う際、商品の値下げによりどの程度の需要拡大が望めるのか。

消費者の特性や他社ブランドの価格設定などの影響も考慮する必要があり、シェアの増減を予測することは容易ではない。

支援・提供ソリューションの内容、支援ポイント

価格を変更した場合(自社ブランドの価格変更、他社ブランドの価格変更、酒税等マクロ環境に寄与する価格変更等)に、どのような消費者がどの商品を購入するかについてシェアシミュレーションを繰り返し、ブランドの価格戦略意思決定を支援。

Point:
シェアシミュレーションにより、価格設定シナリオごとの値下げの影響を比較することができます。また弊社ではシェアだけではなく、実際の需要量の変化をシミュレーションすることができます。

アウトプット・効果

競合他社の製品とのシェアシミュレーションから、具体的な需要拡大量を予測し、価格戦略材料とすることができます。

↓↓厳選した事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします↓↓