手法:コンジョイント分析

課題内容

どのような消費者が、製品やサービスのどの要素を、どの程度好んでいる?

複数の開発候補技術に対して、どの技術を優先するのが望ましい?

どの消費者層に対して訴求すると、普及が促進される?

新技術の付加価格をどの程度にすれば、普及が見込める?

新製品を市場に投入した際、自社の既存製品と、新製品とのシェアはどの程度になる?

支援・提供ソリューションの内容、支援ポイント

各ユーザが、製品のどの要素にどの程度の価値観を見出しているのかを、定量的に評価します。

ソフトウェアが、ハードウェアの購買に与える影響力を、定量的に評価します。

ハードウェアの普及率が、消費者の購買意欲にフィードバックする影響力を、定量的に評価します。

Point:
複雑化する消費者の価値観を、個々の消費者のデータに対する定量分析を積み上げることで把握・理解します

アウトプット・効果

効用値:製品やサービスの持つ魅力の大きさを定量化した値

重要度:製品やサービスの持つ属性へのこだわり度

シェアシミュレーションによる戦略検討

↓↓厳選した事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします↓↓