手法:コンジョイント分析

課題内容

現在のブランド力に対して、競争力のある適正な商品価格はいくらか。

支援・提供ソリューションの内容、支援ポイント

多様なユーザに対するアンケート調査からブランドや価格に対する意識を採取し、定量的に分析することにより、ユーザセグメントごとのブランドに対する意識や価格感度を明らかにします。

Point:
複雑化する消費者の価値観を、個々の消費者のデータに対する定量分析を積み上げることで把握・理解します。

アウトプット・効果

商品の好ましさを効用値として定量的に推定

それだけではなく、ブランドと価格の相互作用を考慮することで『安いからこそ売れているのか』『値上げに対する耐性があるのか』を評価

価格帯に応じて支持されるブランドと支持されないブランドを、定量的に評価

↓↓厳選した事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします↓↓