お客様の課題

根拠のある商品開発や価格戦略等を行いたい

消費者の嗜好は様々であるため、新商品の企画や販売価格の設定が勘に頼ったものになってしまうことがあります。
商品に対する魅力度をアンケート調査により定量化することで、根拠のある商品開発や価格戦略等を行うことはできるでしょうか。

《 お客様のマーケティング課題 》

課題を解決した結果

商品に対する施策の検討・提案の納得感・説明力が向上した

多様なセグメントを対象にし、ターゲットにする商品に対するアンケートを実施。
アンケート回答を分析した結果から、商品が持っている魅力や利用ユーザーのこだわりについてを定量的に示すことができました。
納得感・説得力のある検討・提案を実施することができました。

1)新商品企画の検討
2)既存商品のシェア拡大方法の検討
3)既存商品のリニューアルの検討
4)商品販売価格の設定

《 課題解決のためのキーワード

解決のために行ったこと

商品のアンケート調査によって得られたデータから統計モデルを構築

顧客課題の解決に向けて、3ステップで分析・コンサルティングを実施
①調査設計
②データ収集
③分析(コンジョイント分析)

①調査設計
商品の持つ属性(要素)と、各属性の水準(状態)を定義しました。
属性・水準と何を選ぶかは、商品特性や検証課題に応じて設定(パッケージデザイン、キャッチコピー、量なども設定可能)
調査設計は分析結果を左右するため、顧客の課題に対して回答者がどの属性をどの程度重視しているかを明らかにするように工夫しました。

②データ収集
①で設定した内容に基づき、複数の商品を対象としたアンケートを実施しました。
購買場面を再現したアンケート画面によりデータを収集

③分析
②で収集したデータと、コンジョイント分析を利用して効用値(図1)、重要度(図2)、魅力度(図3)、ユーザクラスタリング(図4)、シェアシミュレーション(図5)を実施することで商品戦略および価格戦略の立案・評価に関するコンサルティングを実施しました。

《 競合商品に対し優位性を獲得するための商品構成とは何か? 》

【図1. 効用値のメージ】

《 商品を構成する要素の”重要度”の明確化 》

【図2. 重要度】

《 商品を構成する各要素の”魅力度”の明確化 》

【図3. 魅力度】

《 市場に、どんな消費者が、どの程度いるか

【図4. 消費者特徴把握のイメージ 】

《 新商品を市場に投入した場合や、既存商品の価格を変更した場合に、どの程度のシェア推移が見込まれるか?

【図5. シェアシミュレーションのイメージ 】

各コンサルティング内容の詳細は次の通りです。

1)新商品企画の検討
  新商品を市場に投入した場合に、どの程度シェアが変化するかを定量的に計算
2)既存商品のシェア拡大方法の検討
  既存商品の価格を変更した場合に、どの程度シェアが変化するかを定量的に計算
3)既存商品のリニューアルの検討
  商品を構成する各要素の重要度・魅力度を算出して競合商品に対して優位性がある要素の構成を絞り、製品のリニューアル案を提案
4)商品販売価格の設定
  定量化した商品の重要度に基づいて、対象商品に対して適切な価格を提案

意思決定を支援するために

課題抽出及び課題設定の段階から、お客様と弊社担当者で相談しながら進めていくことができます。 
抱えている悩みが明確でなくても、ヒアリングを通じて課題の整理からサポートいたします。

お客様の課題に解を出すことをコミット し、事前調査、コンジョイント調査、事後解析、シェアシミュレーションなどを含めた調査・分析のトータルな設計と実施を支援します。

事前ヒアリングの段階からディスカッションを行い、相互理解 を深める機会を十分に作りながらプロジェクトを進めます。ブラックボックスなアプローチではない、説明性、可読性を大事にしています。またディスカッションの中で新しく発見される課題についても柔軟に対応いたします。

一般的な分析手法では対応が難しい要素でも オーダーメイド で臨機応変に対応します。

・競合商品がわからない。また、消費者によって競合商品が異なる。
・消費者が意識している属性が不明瞭である。
・組み込むべき属性と水準が大量であり、設問が多くなりすぎる。
・ターゲットとしたい消費者が少なく、サンプリングが難しい。
etc.

データ分析に関する新しい技術、古典的な技術を幅広く扱い、適切、的確な技術選択を行っています。
弊社は、意思決定を支援するコンサルティング業務を40年にわたり行ってきており、分野横断的な知見・ノウハウを持ち合わせております。

お気軽にご相談ください。

事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします