手法:KeyGraphマルチエージェント・シミュレーション

課題内容

店内レイアウトをどのように変更したら、非計画購買※が促進され、売り上げが増大するのか。
(※来店時には購買の予定はなかったが、店頭の商品などを見て購入する購買行動)

支援・提供ソリューションの内容、支援ポイント

POSデータやアンケートなどから顧客の購買行動を分析し、マルチエージェントシミュレーションにより購買行動モデルのシミュレーションを行って、レイアウト変更案の効果を検証します。

Point:
テキストマイニングにより併売関係を抽出し、それらを組み込んだレイアウト変更案の効果をMASを用いて検証することができます。

アウトプット・効果

店舗間で併売のネットワークを検証することにより、他店舗では見られない併売関係を抽出。

複数のレイアウト変更案の効果検証を行い、最も効果の高いレイアウト案を把握。

店内レイアウト変更後に昨年度の同月比で、一人当たりの平均購入点数増加。

実例
平成21年度サービスイノベーションを通じた生産性向上に関する支援事業(サービス工学適応事例開発分野)
『店内レイアウトによる購買行動への効果検証プロジェクト』において行った伊東屋玉川店を対象とした当ソリューションでは、一人当たりの平均購入点数において4.0%、客単価において3.4%増加させることができた。

↓↓厳選した事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします↓↓