手法:マルチエージェント・シミュレーション

課題内容

買い物中の顧客への情報提供サービスは効果的な購買につながるのか。

支援・提供ソリューションの内容、支援ポイント

・マルチエージェントシミュレーションを使い、仮想商業施設内での顧客の動線を把握します。
・移動中の消費者エージェントにPOPなどの情報提供を行うことによるシミュレーション全体への影響を検証します。

Point:
マルチエージェントシミュレーションを用いることにより、個々のエージェントの行動変化が全体へ与える影響も加味して検証することができます。

アウトプット・効果

商業施設内での顧客への情報提供システムを導入することで、顧客動線がどの程度変化するのかを視覚的に把握。

施設設計および顧客動向等に対応できるシミュレータの構築。

↓↓厳選した事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします↓↓