お客様の課題

根拠に基づく出稿計画の策定

広告計画を考える際には売上向上だけではなく、商品の認知度向上・ブランディング、コスト削減を含めた戦略が必要となります。このような多様な目的がある中で、感覚や経験則だけではなく、広告効果のメカニズムを理解した上で根拠を持った出稿計画を策定する必要があります。

◎今まで事例がある顧客分野:飲料メーカー、食品メーカー

課題を解決した結果

広告効果の理解が深まり、目的の効果を得るために打つべき広告が明確になった

広告効果がブラックボックスなものではなくなり、商品ブランドごとに各メディアの広告が何(認知、好意度、売上)にどのように効果があるのかが理解できるようになりました。

広告効果の理解を踏まえた出稿計画を策定することで、商品の売上が上がり、また継続的に建設的なPDCAを行えるようになりました。

解決のために行ったこと

広告が売上に影響をあたえるメカニズムをモデル化

売上、配荷、価格、各種広告の出稿量、アンケート(認知率、好意度など)、気温・天気情報を用いて、広告が売上に影響をあたえるメカニズムを考慮したモデルを構築しました。作成したモデルに基づき、売上シミュレーション(将来の出稿計画シナリオごとに得られる売上の模擬)、最適予算配分を行い、出稿計画策定に繋げることができました。

実施フロー

事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします