ネットワーク分析は、対象の要因間の接続関係を可視化・指標化することにより、キーとなる情報を抽出するための分析手法です。Webや鉄道等の物理的なネットワークだけではなく、Web引用関係、口コミ、組織体制等の社会ネットワークも対象にでき、各ノードの中継地点としての重要度や影響力の重要度、ネットワーク上から潜在的なコミュニティの抽出およびコミュニティの特性などを分析できます

適用できる分野、問題状況

組織の評価
組織体制や情報伝達フローからのボトルネックの抽出や組織の繋がりの強さを抽出したい。

インフラの評価
道路や鉄道、インターネット等のトポロジーの可用性、脆弱性を評価したい。

マーケティング
複雑な口コミやWebリンク関係等から重視すべき人物やコンテンツを特定したい。

適用フローの一例

コミュニティごとに特徴を整理することで、キーとなるコミュニティを把握。
口コミがどのように広がり、購入に対する意欲が伝搬していったかを可視化することができます。

アンケートデータや客観的データ、既存データからノード間の繋がりを表現できる情報およびノードの属性を収集します。

収集したデータから要因間の接続関係を抽出しネットワークとして表現します。

ネットワークトポロジの関係性から、中心性分析やコミュニティ分析によって特徴のあるノードやコミュニティを抽出します。

特徴のあるノードやコミュニティの属性を整理し、それぞれの特性を分析し把握することで、どのノードやコミュニティにアプローチをすることが効果的かを判断するための意思決定材料を得ることができます。

↓↓厳選した事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします↓↓