一般的なアンケート調査では、意識上の意見やタテマエなどが抽出されることが多く採取が難しいです。「なんとなくイイ」といった直感的で言葉にしづらい潜在的な選好理由や、選好したホンネとなる理由については抽出できません。

インサイトマーケティングとは、これらを抽出する調査手法です。
弊社ではテキスト解析やチャンス発見ツールKeyGraphを用いることで、大量のサンプルによるインサイト調査に対してもインサイトを発見するサービスを提供しています。

適用できる分野、問題状況

商品評価:
商品が与えたいイメージと商品における消費者の潜在的なイメージはマッチしているのか。

コンセプト策定:
ユーザが潜在的に求める商品やサービスコンセプトは何か。

適用フローの一例

① インサイト調査:
投影法を用いたアンケートにより回答内容などの素材を収集します。

1次分析
一部の回答結果を用いて、ディスカッションでインサイト(rough insght)を把握します。

KeyGraph によるインサイトの探索
KeyGraphを用いて、そこで表現される共起関係などからインサイトを探索します。

キーインサイトの発見
③の結果を基にキーインサイトを発見します。

⑤ プロポジションの検討
キーインサイトからそれに対する施策となるプロポジションをいくつか検討し、口コミデータなどをKeyGraphで分析した結果などからそれらのプロポジションを具案化や優先順位をつけます。

↓↓厳選した事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします↓↓