お客様の課題

ECサイト等での価格変動に対応した販売戦略の見直し

アンケート調査による価格弾力性の測定を四半期に一度実施しているが、競合製品が多く、ECサイト等での価格は常に変動している。そのため、より短い期間(1週間単位など)で価格の変化を捉えることで、各製品の競争力のある価格を設定するなど、販売戦略の見直しのサイクルを早めたい。

課題を解決した結果

根拠に基づいた販売戦略の見直しが可能になった

アンケート調査と比較して容易に入手可能なPOSデータを利用して各製品の価格弾力性の推移を従来のアンケート調査より短い期間で把握したことで、次の3点が可能になり、仕事の効率が向上しました。

  • ECサイト等で頻繁に価格が変動する製品の価格設定
  • セール企画やキャンペーン企画などのマーケティング戦略の意思決定
  • 価格変動の影響分析

解決のために行ったこと

POSデータを利用し、価格弾力性を推定する統計モデルを構築

3ステップで解析・コンサルティングを実施しました。
 STEP1. POSデータを利用した価格弾力性推定モデル構築
 STEP2. 製品別価格弾力性自動推定ツールおよび可視化ダッシュボード開発
 STEP3. 分析による販売戦略の意思決定支援

【実施プロセス】

○STEP1
POSデータを利用した価格弾力性推定モデル構築では、POS(売上金額と売上数量あり)、もしくはID-POSデータから価格弾力性を算出し、月単位や週単位での推定を行いました。また、アンケート調査の結果を取り込み、整合性を取りながらモデル式を調整しました。

○STEP2
製品別価格弾力性自動推定ツールおよび可視化ダッシュボード開発では、1.で構築したモデルの活用性を高めるために利用者が使用しやすい形でシステム化を行いました。

○STEP3
分析による販売戦略の意思決定支援では、顧客の抱えている下記の課題に対して1.のモデルと2.のシステムを活用してコンサルティングを行いました。

  • 頻繁に変化する製品の価格設定に関するコンサルティング:類似製品の価格、販売時期などを考慮して適切な価格を設定する方法を提案しました。
  • セール企画やキャンペーン企画などのマーケティング戦略に関するコンサルティング:価格が弾性的、非弾性的な製品を明らかにすることで、それぞれの製品に対して有効なセールやキャンペーンを提案しました。
  • 価格変動の影響を考慮したコンサルティング:価格変動の影響を受けやすい製品か、受けにくい製品かを明確にしました。その後、価格変動の影響を受けやすい製品には値下げを、価格変動の影響を受けにくい製品には製品のリニューアル等を提案しました。
【アウトプットのイメージ】

事例資料(8例)のダウンロードURLをメールにてお送りいたします